どこにでもいる

 

 1の苦言を呈すると、10の言い訳をもって返してくる。

 

 労を惜しむ。しかも理由をつけて正当化して。

 

 自分の立場と、場をわきまえるということをしない。

 というか知らない。

 

 で、挙句の果てには逆切れしてくる。

 こういった人たちはどこの世界でもいる。そしてほとんどの場合が無自覚である。(・・・というか、自覚があったらしないか・・・)

 

 このような人が存在している集団は悲惨である。

 

 志ある人がどんなに動いても、どんなに労を惜しまず働いても、全ておじゃんになってしまう。

 

 

 なのに、人はそんなチームでも寄り添おうとする。なぜか・・・。

 

   「他にいくところがないから」

 あるいは

   「ここを出たらゲームができなくなる」

 から。

 

 そんな思いでゲームをする人を作りたくない。少なくとも我がチームでは。

 

 だからいつも心がけようと思う。

「エアソフトのチームリーダーということに真摯に向き合 

 う」

 ということを。

 

 自分が楽しければ。

 誰かにまかせれば。

 おいしいところだけもっていこう。

 

 そんなことをするのだけは

 

 「まっぴらゴメンです!!」