12月定例ゲームレポ その2

 暁傭兵団12月定例ゲームレポ第2弾です。

 

 12月、冬の様相を呈してきたMGフィールド。ブッシュが枯れて見通しがよくなりました。あ、当然ですが弾の通りもよくなってます。

 

 それでも、MGフィールドは適度に起伏があるので、見通しがよくなってもうまく匍匐すれば十分に身を隠すことができるんです。

 弾数制限もしているので、突っ立ってばら撒くだけのゲームなんてしている人は一人もいません!

 

 ユニット「特務自衛隊」のデル班長&坊三曹

 

 ハンドガンでありえないHIT数稼いでいたオルテガさん。

 

 なんか今回のゲームは、特務自衛隊の連携のよさとオルテガさん、あぐさんの暗躍にやられまくったような気がします・・・

 

 今回の写真は、岡山海兵隊・広報部、N極さんからいただきました。ゲーム中の写真がほとんど撮れなかったので感謝感謝です。

 

 

 

 さて、最後2ゲームは、人数が減ったこともあり、攻守完全交代の1フラッグ戦をすることに。

 

 はじめは黄色チームがフラッグ防衛。(ヒカショウは赤チーム)スタート開始まもなく、フラッグ近辺でGINKIBIさんのMINIMIの発射音が。分隊支援火器の特性を生かして、弾幕を張りまくってます!!

 

 その火力の前にバタバタと味方がやられていき・・・・。終了1分前になんとかヒカショウが狙撃に成功しましたが、時すでに遅し・・・・。フラッグ陥落にはいたりませんでした・・・。分隊支援火器は弾数無制限のレギュなので、防衛でうまく使われると非常に脅威です!(これも弾数制限をしているが故の醍醐味ですね!)

 

 

 ラストゲーム。攻撃側に特務自衛隊がいるので、おそらく速攻で突貫してくるのではないかと予想。そこで、フラッグより少し前で防衛ラインを構築し迎撃することに。

 

 すると、予想通り5人が突貫!!miz429くんの尊い犠牲のもと(オイオイ・・・)みごとにこれを撃破!!残存勢力も各個に撃破し、防衛側が攻撃側の殲滅に成功したのでありました!!

 

 

 今回もみなさんのおかげで楽しい休日となりました。参加してくれたみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

・・・・・おっと、お昼ご飯の様子を書き忘れてました。それはまた次回、近いうちに・・・(本当だろうなオイ!)